紅白パンダ 日和

身に起こったこと、思ったこと、いろいろ書いてます。

【星を紡ぐ子どもたち】これを機にswitch買ってみようかなと思うんだけど

 

www.4gamer.net

 

 iPhone版の「sky」は結構なハマり具合で、毎日のようにやってました。

 

飽きっぽいので一通りやったらそのまま放置してたんで、このニュース見て久しぶりにあ、そーいえば最近やってないなと思い出しました。

 

ゲームは大好きでいろんなRPGをやってましたが、年々それらから遠ざかるように。。

嫌いになったわけではないけれど、のめりこむ情熱が湧いてこないしすぐに飽きる(笑)

 

学校サボってまでゲームしてたんだけど。

 

自分の時間も十分確保できるようになったから、なにかにハマってのめり込んでみたい!

気持ちはあるんだけど、いろいろ揃えて満足しちゃうんだろうなとどこからか声が聞こえてくる。

 

何とも言えないこの虚無感を埋めたいのだろうね。きっと。

生きてる実感、やりがいを見つけたいだけ。

 

とりあえず、今日の夜にでもiPhoneでやってみるかな。

 

 

【野良ネコ】避妊手術を受けさせるために野良猫に餌をあげてます

f:id:kouhakupan:20200318171348j:plain

 

最近、毎日仕事場にやってくる野良猫(だと思う)に餌をやっています。

 

猫の餌やりには反対意見も多くむしろ迷惑行為に当たるのでしょうが、私の考えはむしろ餌を安定して与えることで、残飯をあせったり家の中に入って悪さをしたり、ゴミ置き場を荒らしたりする行為を防げるんじゃないかと思います。

 

事務所の隣は旦那さんの実家なのですが、餌やりを始める前は家に上がり込んで食べ物を物色したり、ごみ袋をかみちぎって散らかりたりと困っていました。

餌やりを始めてからはお腹がいっぱいになるからか、そういったいたずらもなくなったそうです。

 

これらのいたずらはすべて空腹のせいですよね。

生きるためにはそこに食べ物がある以上、普通の行為だと思います。

 

逆にお腹がいっぱいになれるのならそんなことはしなくていいので、食べ物を探す行為(いたずら)は減ると思われます。

 

だけど、えさをあげる以上しっかり責任をもってお世話しないといけないと思います。本当は飼い猫としてお世話したいのですが、家にはすでに2匹の猫がいてこれ以上増やすことができません。

 

私ができることは、安定して餌をやり懐かせて避妊手術を受けさせて、外猫としてお世話することだと思います。

 

最初は餌をあげるたびに警戒して威嚇されてましたが、最近は私のことを認識してくれてるみたいで足元をスリスリしてくれるようになりました。

 

次のステップは避妊手術を受けさせることです。今はそのタイミングを狙っているところなのですが、うまくいくといいな。

 

 

【今日の話題で思ったこと】こんな時こそ明るく楽しく感謝する~新型コロナ対策~

 

www.huffingtonpost.jp

今だからこそやれること

 毎日毎日、感染症に関するニュースを目にしますね。

感染して亡くなられた方も多数出ているし、対策をしても全く収まる気配がありません。

住んでいる地域では感染者は1人しか確認されていませんし増えてもいないので今まで通りの生活をしていますが、子供が東京で生活しているのでちょっと心配です。今のところ大丈夫みたいですが。

逆に花粉症がむごいので、そっちはあまり気にならないのかも。

 

恐怖や不安に反応しすぎ

世界中が見えない感染に怯えて過剰に反応していますよね。

デマでトイレットペーパーを買いだめしたり、マスクが品薄な時に高額転売が横行したり、イベントが中止になったり、国どうして批判合戦したり…

 

こんなマイナーなことばかり起きているとなんだか心がすさんでくるし、これからどうなるんだろうと不安しかないですよね。

そんな不安や恐怖に流されたくないし、関わりたくないです。

だからといって情報をシャットダウンすることはほぼ不可能。

こういう時にどうやって過ごせばいいのか考えました。

 

①マイナーなニュースを見ても過剰反応しない

マイナーなニュースは不安を煽られるだけなので反応しない様にしています。そんなこともあるんだな~くらいにしておいて、面白くて楽しいことを探すようにしました。

 

②いやな気持になったら楽しいことや癒されることにシフトする

避けていても嫌な話や情勢を目にするので、そんな時は楽しいことを考えたり笑える動画を見たりして気持ちを切り替えています。

 

③生きていることに感謝する

ただただ今生きていることに感謝するようにしました。起きて食べて仕事して遊んで…こんな当たり前のことができる!今日も生きてる!と感謝するようにしています。

 

感染症が収束してみんなが普通の生活に戻ったイメージをする

「思考は現実化する」という本に書いてあったのが、今の状況を変えるには思考を使って未来を好きなように創造するとそれが現実になるとありました。

みんな笑顔で楽しく生活している状況を思考するようにしています。

 

今のこの状況は、こういった状況を過去に思考したのが現実になっただけなのでこれを変えるにはいい状況を思考するだけ。

感染症のない平和で楽しい状況を思考するだけなのでとっても簡単です。

 

暗いニュースばかりに目が行きがちですが、こんな時だからこそ明るく前向きに毎日に感謝して過ごしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【20年パート勤務】長く続けるメリット、デメリット ~気楽にやるのが一番~

パート辞めてみて振り返る私の20年って

私は10代で結婚して2人目を出産後、約20年同じ会社でパートとして働いてきました。

今はもう退職して旦那さんと自営業をしています。

よく周りには「20年もよく頑張ったね」とか「あんな会社に20年も務めたね(笑)」とか言われました。

自分でもよく続いたよねとは思うのですが、今思うともうちょっと気楽に仕事すればよかったかなとも思います。

生活のためには我慢しないと!!っていう精神で会社に20年しがみついてましたから(;^ω^)

 

 とりあえずパートを20年やってみて経験したことをまとめてみました。

 

長く続けることはいいことなのか。

コツの前に長く続けることのメリット、デメリットを挙げていきたいと思います。

 

長く続けることで得られるメリット

① 仕事が上手になる

② 居心地がよくなる

③ 先輩方がいなくなる(定年や退職)

④ 多少のわがままを聞いてもらえるようになる

⑤ 上司と仲良くなって有利になる

⑥ 待遇がよくなる

⑦ 時給が上がる

⑧ 注意する人がいなくなる

⑨ 一緒に長くいる同僚と戦友みたいな感じになる

 

仕事がいやでも上手になって要領もよくなるから、心に余裕が生まれます。仕事が出来るようになると上司や先輩といい関係になれます。

また同僚や後輩から頼られるようになり、人間関係も良好になる傾向が。

いくら上手になってもミスはあります。だけどきつい口調で注意されることは減ります。

新人の時はちょっとしたことでも怒られるものですが、失敗したとしても「ベテランでも失敗くらいするわ~」くらいに気にならなくなります。

勤めていた会社は勤務年数に対して昇給制度がなかったから、ベテランがよく新人と同じ時給じゃやる気が出ないと愚痴ってました(笑)

確かに仕事が効率よく出来るようになったら、こなせる仕事量も増えるので時給を上げてくれてもいいとは思うんですけどね。

モチベーションを保つためにも昇給制度を設けている会社に就職することをおすすめします。(昇給制度があったら辞めることに躊躇したかも)

 

長く続けるデメリット

①仕事に飽きる

②仲のいい人が辞めたり、退職する

③仕事の変更に素直に応じられない

④仕事が出来る新人に嫉妬

⑤会社に不満がつのる

⑥見合った評価をされなかった場合に病む

⑦いい仕事を見つけても年齢や、人間関係、仕事を覚えられるか等の不安で

 転職に後ろ向き

 

毎日同じ仕事を繰り返しやる内容だったので、要領よくできるようにはなるのですがやっぱり飽きてしまいます。なんか違う仕事したいなと思うようになったのは10年過ぎたあたりから感じていました。

スキルを上げて時給が良い仕事につきたと思っていても、今の環境を変えるのも怖かったです。転職は長く務めるほど難しくなると思います。

ベテランになるとプライドも比例して高くなります。入ったばかりの新人に仕事の速さで負けることもあり、そんな時は生意気だなぁって感じました。

人には向き不向きがあるので仕方ないのですが、素直に嫌でしたね。

長くいると会社の方針ややり方が変わってくるのですが、それに反抗してしまうことも多々ありました。納得するまで説明を求めたり、言うことを聞かないでやり方を変えなかったりと意地になっていましたが、今考えると無駄な熱量でしたね。

そんなことで反抗したからって何にも変わらないですし、逆に自分の評価が悪くなるだけです。

私は23歳にパートを始めたのですが、仲の良い人たちは皆年上でした。長くいると親しい先輩たちやお友達が次々と定年退職されていくので寂しかったです。

逆にわたしが退職するときは寂しくなるから考え直してほしいと言われてしまいました。私の部署は私を含め2人で仕事をしていたので、私が辞めてしまったら一人で仕事をしなければいけなかったのです。

以前から、「いつになるか分からないけれどやめる時が来るからね」と言っていたのですが。

でも人は習慣の生き物なので、久しぶりに電話をしたら一人でも大丈夫と言ってました(;'∀')

 

20年居てもただのパートで終わるだけ

 仕事を長く続けるってすごいことだと思いますが、だからと言って転職が悪いかと言うとそれも違うと思います。

その職場が好きでずっとここで仕事がしたいと思うなら、もちろん辞めることはないですが、飽きたりいまいち楽しくなかったり、時給がいいとこ見つけたり家から近い場所見つけたりなど転職したいなと思ったらさっさと辞めてもいいと思います。

そのほうがいろんなことが学べるしお給料も増え、いろんな人と繋がれるのでとってもメリットがあるのではないでしょうか。

 

ただお金を稼ぐだけのためのパートじゃなく、いろんなことを楽しむためのツールとして見てもいいのかなと。

これが正社員だとそうはいかないでしょうが、お気楽パートならそんな深く考えることもないですしね。

私が辞めた後、仕事が激減して定時よりも2時間早く帰らせられたり残業したいがために仕事の取り合いでケンカになったりと最悪な状態になってしまったそうです。

そんな会社さっさと辞めたほうがいいに決まってますが、長く居た分今更辞められないと同僚が言ってました。

これが入社して1~2年とかだったらすぐにでも転職できるんでしょうがね。たぶん私も辞めずに我慢して仕事してるのかな。

でも、辞めて思ったことは20年同じ職場にいたからって別にどうってことでもないです。逆にもっと他の仕事も経験しておけばよかったかなと思ったくらいですから。

 

辞めようかなと思ったら辞めても大丈夫

もし、今のパート辞めようかなって悩んでるならすぐに新しい仕事探して転職したほうがいいですよ。合わなかったらまた辞めればいいんですよ。長く続けることがいいとかもう古いです。

ただ、辞める時は前向きに辞めてください。「あれが嫌だからこれが嫌だから」ではなく「私は自分を成長させるために次のステップにいくために転職する」と思ってください。

そういう気持ちで仕事を探すといい会社を見つけることができますよ。

20年近く同じ会社にいて気づいた感想でした。

【股関節痛リターン】股関節から足にかけての痛み 第二期 最終回

鍼灸ってすごい

 

とりあえず、鍼灸に通って3日過ぎから痛みがだいぶ治まってきた。

車を運転するときに痛み止めを飲まなくてもよくなった。

 

治療は最初にしてもらった、遠絡治療とツボ押し、電気治療。

遠絡治療とツボ押しは最初の激痛が日を追うごとに軽くなっていくのが実感できた。

 

気付いたら立っている時間、座っていられる時間が長くなっていった。

 

1週間もたつとほぼ痛みが無くなっていたが、ちょうどお盆休みに突入してしまい、毎日通院できなくなってしまった。

 

その間に痛くなったらどうしようと不安で仕方なかったので、痛みはほぼ無かったけれど、用心のため仕事は行かないことにした。

 

お盆休み期間中は暇で仕方なかった。

 

旦那さんに連れられてカラオケに行ったくらい。

旦那さんのお兄さんが里帰りしてきたので、外で焼肉も。楽しく過ごせた。

 

あ、台風が来たんだった。

 

荒れた海を見に行ったな。アイスも食べたし。結構遊んでますな(笑)

 

そんなこんなで、無事お盆休みを無痛で過ごし、なんだかんだ楽しめたのでそろそろ仕事復帰をしなきゃな。

 

これをきっかけにこれからの生き方を考える

 

再発を乗り越え、翌週お仕事に復帰しましたが。

今年限りで退職することにしました。

 

体を痛めたのが原因ではなく、むしろキッカケになっていろいろ考えた結果、旦那さんの仕事を手伝うべく退職へ。

 

それだけでなく、親も高齢になり体力的にも健康的にも無理が出来なくなってきているので、少しずつ農業の手伝いでもしてノウハウを覚えようかなと。

 

あとは、いままで中途半端にしてしまったことや、これからやってみたいことなどなど、仕事のせいにしてやってこなかったこと、やれなかったことに挑戦したい。

 

ちゃんと次のことを考えての退職なので、結構楽しみではあります。

 

いままでがむしゃらに働いてきたけれど、これからは楽しみながら自分に与えられた仕事をしていきたいと思っています。

 

この病気?をきっかけに退職するとは思っていなかったけど、前々から辞めて他の事にチャレンジしたいなと思っていたのがこんな感じで訪れるなんてね。

 

いざ退職ってことになると、あら意外!結構寂しいものです。

あれだけ嫌だった仕事だったんだけどな。

 

 

【股関節痛リターン】股関節から足にかけての痛み 第二期 3

いざ、鍼灸院へ

というわけで、これで治ってほしいと願いつつ鍼灸院へ。

なんとか車に乗って苦しみながら到着。

夜だけあって待合室に患者さんはおらず、すぐに治療室に通される。

 

若い先生?に問診を受けたあと、院長先生がやってきた。

結構さわやかですらっとした先生。見るからに健康そう。

口コミもいいし、信頼できそうだし治る確率高いかなと期待。

背中を見せた途端、「あ~、左側の腰椎が腫れてるね」とのこと。

 

右が痛いのに左側が悪いの?

痛みは右側に出ているのに、左側腰椎が悪いなんて、びっくり。

先生曰く、左側が悪いのであって、右側は症状が出ているだけなんだよ。だから右側をいくら治療しても良くならないのは、根本的な治療をしてないからなんだよ。

一番してはいけないことは、悪くないところを揉んだり押したりすることなんだよね。

 

やっと悪い所がみつかった。

 

この言葉を聞いて心から、あ~、やっとこれで完治できるんだと思った。涙が出るほどうれしかった。

 

悪い所は触らない

施術は、腰椎の炎症を取るという事でのどとみぞおちからおへそあたりまでの一直線上を遠絡治療、腕の付け根と手のひら手首、ふくらはぎの後ろを押し棒による按圧。

最後は腰椎をトルマリンホットパックしながら電気治療でした。

ここの鍼灸院は昔からある、鍼やらお灸はしないそうで鍼の恐怖やお灸でのやけどが心配いりませんでした。ちょっと凝ってる鍼灸院ですね。

どこでもやっているわけではない感じです。

 

おもわず声が出る

鍼やお灸じゃないから痛くないのかと言えば全く逆で、もうびっくりするくらい痛い。

遠絡治療はこれでもかっていうくらい棒を押し付けてくるし、先生の按圧なんて押したところがハッキリわかるくらい押される。

痛くて痛くて思わず叫んでしまった。

先生はそこまで力を入れてるわけではないらしく、ただただ経絡の流れが悪く痛みを感じやすいとの事。

 

初日は気が遠くなるくらい痛い施術に右側が痛いのを忘れるくらいだった。

症状が良くなったかと言えば、あまり変わらなかったが夜は寝ることが出来た。

一週間は通院を続けた方が治りが早いと言われたので、とりあえず通うことにした。

【股関節痛リターン】股関節から足にかけての痛み 第二期 2

無茶がたたる

嫌な予感が確信に変わって、すぐさま安静にしてればよかったけれども、どうしても行かなければいけない用事があり往復4時間の運転と、半日かかったショッピングと片道2時間の運転と片道2時間の電車の旅をこなした結果、次の日はもう体がボロボロだった。

運転中と電車の中が一番つらく、痛み止めを2錠飲んでも全く効かなくて、声を押し殺して耐えた。

前回は寝ていればやり過ごせていたのに寝ても立っても痛さは収まらず、本当に地獄。

ちょっとマシな体勢を探しながら寝ることが精一杯。

 

近所の整骨院

整形外科に行っても治療はしてもらえないので、近くの整骨院に行ってみることに。

症状を伝え痛い所(右側のおしりから足首)を電気治療とマッサージしてもらう。

とにかく痛い所をほぐしてもらったら少しはマシになった。

でもその夜から痛くて寝れなくなった。柔道整復師さん曰く揉み返しがあるかもとのこと。

けっこう激しく揉んでたので、違う感じの痛みで寝れなくなった。

次の日は、寝不足のまま連れて行ってもらい施術。

施術後は座れるくらい楽になるのに、会計済ませて車に戻るまでに痛みが元通り。

そして、夜また寝れなくなった。

 

整骨無理

4日目の整骨はもう体力がなくて自力で運転することができず、整骨院に通うことを諦めた。

整骨がだめならどこの行けばいいのだろう。もう治らないのかな。

そんなことを考えながら検索していたら、鍼灸に辿り着いた。

整骨院でのやり方は筋肉へのアプローチだった。そしてそれは見事に症状を悪化させてしまった。

鍼灸ならよくなるかもしれない。とにかく行ってどうなるか試してみよう。

こうなったらどんなことしても治したい。

一番近くて一番口コミのいい、しかも保険が適用される鍼灸院へ予約。

当日は夜しか空いてなく8時に予約を入れた。

これで治ってほしい。もう精神的に限界。

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の夜に鍼灸へ行く事に。